忍者ブログ

プロペシア通販

メルク社の純正プロペシア錠やプロペシアのジェネリックであるフィンペシアの個人輸入代行



特許があるから発毛を証明するものではない

「当社では、特許を取った機器を使っています」
「わが社では、特許を取った育毛剤を使っています」
発毛・育毛サロンなどでは、こんな言葉で利用者を集めているようです。こんな言葉につられ、そのサロンで手当てを受けている方も多いのではないかと思われます。
発毛・育毛にかぎらず、私たちは「特許」という言葉に弱いところがあります。「特許を取りました」と聞くと、効果があると信用してしまいがちです。

そもそも、特許とは何なのでしょうか?
特許とは「アイデアに新規性がある」ということが第一条件で、そのアイデアの内容の効果効能を保証するものではありません。
広辞苑には、こう説明されています。
①特定の人のために新たに特定の権利を設定する行政行為
②ある人の考案に成る工業的発明の独占的・排他的な利用を、その人または承継者に与える行政行為
この「行政行為」をおこなう役所が特許庁です。
「役所がおこなうことだから、きっと効果や効能まで調べるだろう」
これは違います。特許庁は、特許申請の内容が真実なのか、その申請どおりの効果や効能が出るまでは調べません。審査するポイントは、「アイデアの新規性」です。

ですから、「特許」という言葉や、「特許を取った機器」ということだけですべてのことを信用してはいけないことになります。要は、発毛・育毛の手当てをおこない、結果が出なければ、その理論や技術はダメということなのです。
特許は発毛や育毛の「お墨つき」ではない、と知りましょう。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング