忍者ブログ

プロペシア通販

メルク社の純正プロペシア錠やプロペシアのジェネリックであるフィンペシアの個人輸入代行

 育毛コラム


テレビCMの発毛・育毛サロンに効果の保証はない

新聞に、発毛・育毛サロンのチラシが入っていたりします。街で配られているティッシュも、実は発毛・育毛サロンの宣伝だったりします。
発毛・育毛サロンは、現在は新聞紙上での宣伝はいっさいできません。宣伝はもっぱらチラシや雑誌、フリーペーパーを使っています。
なぜ、新聞で宣伝できないのでしょうか?発毛・育毛サロンは、社会的に認められないということなのでしょうか?
実は、新聞で宣伝するためには、信用資格審査に受からなければなりません。新聞に発毛・育毛の宣伝が出ないということは、その信用資格審査に受からないからなのです。サロンが売りにしている発毛の科学的データが証明されていないからです。
そこで、規制の比較的ゆるい雑誌やチラシ、フリーペーパーでの宣伝になるわけです。
本来、テレビでも、発毛・育毛サロンのCMはできません。しかし、毎日、さもすぐに絶対生えてくるといわんばかりに、発毛のCMがテレビで流されています。

「自分のところにきて手当てを受ければ絶対に脱毛症は治せる、発毛する」
「体質改善すれば必ず生えてきます」
「初めての方は、発毛実感コースがあります」

なかに、発毛専門で、大々的にテレビCMを流している会社にAがあります。テレビで発毛・育毛のCMは流せないことになっているのに、なぜCMが打てるのでしょうか?

「誇大広告と医師法、薬事法に触れるのではないか」

A社について、以前から、多くの毛髪業関係者や新聞関係者はこういっていました。A社はなぜテレビCMが流せるのか、良識ある関係者はみな首を傾けます。
ただし、「そこで発毛といっている技術を受けたらかえって悪化し、髪の毛が1本もなくなってしまった」といったように、寄せられる多くの実態はかなり問題です。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR

「発毛実感コース」のテレビ宣伝費は誰が払っているのか?

テレビCMは決して宣伝費用が安くはありません。時間帯やその番組にもよりますが、全国放送でのテレビCM料金は、30秒で最低600万円~800万円かかるといわれています。

テレビCMを見て、「そこにいけば必ず髪は生えてくる」と、さぞかし多くの方が訪れ、何百万という高額な契約をしているのでしょう。でなければ、ひょっとして月に億単位になるかもしれない宣伝費は払えないはずです。

発毛サロンや育毛サロンのほとんどは、その利用料金を開示していません。

発毛専門のA社の「発毛実感コース」をしてきたという女性を知っていますが、その女性は、何と2年間で750万円かかっといいます。あまりの高額に本当にびっくりします。
以前、週刊誌に、あるジャーナリストが数社を回って調べた利用料金が載っていました。だいたい3ヶ月、または12回で60万円くらいだったと記憶していますが、その技術内容や育毛用品、利用方法がハッキリしていませんでした。利用料金を開示していないところは、たとえ無料体験コースといえども、安易にいくことは非常に危険です。そのコースを足がかりに、契約を迫ってくる恐れがあります。

「無理やり契約を迫ってきても、自分は絶対に断る自信がある」

こう思っていても、相手はその道のプロです。きっと契約させられて、長期のローンを組むハメになってしまいます。
テレビCMが多く流されていると、「きっと良いに違いない」と信じてしまいがちです。本当に効果があるかどうかはよく調べる必要があります。
テレビで宣伝しているから安心ということは決してありません。その高い宣伝費を負担し、支払うのは、他ならぬ利用者自身なのです。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

理論の裏づけのない発毛・育毛宣伝があふれている

育毛や発毛サロンの宣伝に、「おやっ?」と思う理論的にずいぶんおかしな表現が使われています。
発毛・育毛専門クリニックのB社では、「発毛率100%」といっています。
常識的に考えても、発毛率100%ということはありえません。医療の世界でも施術の成功に100%完璧を求める気持ちで望みますが、100%成功はないのです。

また、同社では、もう一つおかしなことをいっています。
「可視光線を照射、頭皮を殺菌し、血行を促す」
これは、理論的にまったくメチャクチャな話です。
可視光線は、電磁波のうちで光として人間の目に見えるもののことです。その可視光線に殺菌作用はいっさいありません。殺菌作用があるのは紫外線で、紫外線は見えない光線(不可視光線)です。こんな基本的なことさえ、B社はわかっていないのです。

そして、テレビなどで体質改善をして発毛させると豪語しているA社ですが、「体質改善」の理論がまったく見えません。テレビでは時間がなくて説明できないのでしょうか?発毛率96.8%を誇るというのですから、ぜひ詳しく知りたいものです。

同社はまた、低周波や高周波を使った発毛・育毛装置を開発、特許を取得したと宣伝しています。医療機器でもないものを発毛効果があると表現することは、問題があるのではないでしょうか?

現実に、多くの方が脱毛で苦しんでいます。一刻も早く、利用者本人が正しい理論を知ることが大切です。多額のお金を訳の分からないところに使ってしまわないようにしてください。その上、毛根(毛乳頭)を未熟な技術やデタラメな技法で破壊してしまっては、もはや取り返しは2度とできません。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

特許があるから発毛を証明するものではない

「当社では、特許を取った機器を使っています」
「わが社では、特許を取った育毛剤を使っています」
発毛・育毛サロンなどでは、こんな言葉で利用者を集めているようです。こんな言葉につられ、そのサロンで手当てを受けている方も多いのではないかと思われます。
発毛・育毛にかぎらず、私たちは「特許」という言葉に弱いところがあります。「特許を取りました」と聞くと、効果があると信用してしまいがちです。

そもそも、特許とは何なのでしょうか?
特許とは「アイデアに新規性がある」ということが第一条件で、そのアイデアの内容の効果効能を保証するものではありません。
広辞苑には、こう説明されています。
①特定の人のために新たに特定の権利を設定する行政行為
②ある人の考案に成る工業的発明の独占的・排他的な利用を、その人または承継者に与える行政行為
この「行政行為」をおこなう役所が特許庁です。
「役所がおこなうことだから、きっと効果や効能まで調べるだろう」
これは違います。特許庁は、特許申請の内容が真実なのか、その申請どおりの効果や効能が出るまでは調べません。審査するポイントは、「アイデアの新規性」です。

ですから、「特許」という言葉や、「特許を取った機器」ということだけですべてのことを信用してはいけないことになります。要は、発毛・育毛の手当てをおこない、結果が出なければ、その理論や技術はダメということなのです。
特許は発毛や育毛の「お墨つき」ではない、と知りましょう。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

発毛サロンの低周波で発毛する?そんな科学的根拠はない

発毛サロンのなかには、低周波や高周波を使うと宣伝しているところがあります。「低周波や高周波といわれても、普段の生活には縁がないから分からない」ほとんどの方はこう思われるでしょう。しかし、「低周波や高周波を使う発毛」と聞くと、何か効果がありそうな感じがしてしまうものです。

ちょっと低周波を説明しますと、低周波は周波数の小さい電波や交流をいいますが、範囲は明確ではありません。私たちの耳で聞こえるものをいいます。これを実用化したものに、ソナー(海洋音響トモグラフィーシステム)があります。

発毛専門というA社がおこなっている発毛実感コースでは、低周波と高周波を使った発毛・育毛装置を用いています。他にもC社、発毛専門サロンを全国展開しているD社などが低周波を使っています。

いずれも自社オリジナルの特殊技術だと宣伝していますが、他社でも同じ内容でおこなっているのでは、とうていオリジナル技術とはいえません。低周波が毛髪の育成に関係していると聞いたことがありません。低周波が発毛や育毛に関係しているかどうかの事実も調べても、残念ながら見当たりません。

C社では、「低周波発毛機」を使うといっていますが、低周波が発毛に良い影響を与えるとの証明はされていないのです。また、この機器を使い、育毛剤を頭皮の奥深くまで浸透させるといっています。「育毛剤をかけるだけでは、皮膚のバリアゾーンによって思った効果が期待できない」これがその理由だそうです。しかし、低周波が皮膚のバリアゾーンの働きをなくすことはありません。

発毛機とはまた、すごい表現をするものです。全世界をながめても、発毛機などというものはいまだ存在しません。もしこれが真実ならば、この発毛機は医療機器となり、医師法の及ぶ範疇となります。医師免許を持った医師でなければ、使用することはできないのです。

さらに、育毛剤の全成分が頭皮中に入るとすれば、育毛剤の成分には、少なくとも何がしらの防腐剤や安定剤が入っているはずです。こうしたものは、皮膚の正常な働きを阻害するものです。「発毛サロンでハゲてしまった」といったことにならないよう、願わずにいられません。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

発毛・育毛業者にはくれぐれも注意し泣き寝入りは止めましょう

「発毛保証!生えなければ全額返金」

こんな自信満々の誇大広告がまかり通っています。

そこでおこなわれているものが発毛技術なのか、発毛行為なのか知りませんが、こんな広告を見たり聞いたりすれば、実態を知らない人は、絶対に髪が生えてくると信じてしまいます。

最近の発毛・育毛専門の毛髪業者の広告の内容が変わってきたように思います。以前にように、そこでおこなわれている技術内容を表示しなくなりました。

技術内容が表示されていない広告では、内容が把握できなくなってきました。すうなると、発毛・育毛の希望者は、電話での感触か、直接そこに出かけるしか方法はなくなります。

直接訪問したとしても、すぐに技術を受けず、まずよく調べるようにしましょう。

さらに、すぐに1年とか2年の長期の技術期間の契約は結ばないようにしましょう。3~4ヶ月の12回コース(毎週1回の技術は最低でも行う必要があります)、または6ヶ月コースにしましょう。そして状況を見て追加で技術機関を延長しましょう。長期間契約を迫るときは、すぐに退散しましょう。状況により、月1回のケアやそのつど支払いができるところが良いと思います。

利用者の無知や発毛・育毛を願う気持ちにつけこむ業者があとを絶ちません。信頼できない業者には、くれぐれも気をつけることです。

信頼できる業者や会社、担当者を見分けるためには、まず自分自身が毛髪の正しい知識を持つことが重要です。担当者が若すぎたり、知識不足や経験不足、そのうえ契約を強引に迫ったり、利用者に考える余裕を与えないところはダメです。

もし、自分の望んだ発毛・育毛の結果が出なければ、泣き寝入りせず、支払ったお金の返還請求をしましょう。それでもラチが明かなければ、弁護士や消費者センターに相談したり、必要があれば公的機関や裁判所に訴え出るようにしましょう。訴えられて本当に困るのはその業者なのです。きっと、すぐに返金に応じると思います。

毛髪業界がつくった契約のトラブルの受付機関へ苦情を申し出ても、真の解決にはなりません。苦情が余りにも多く、消費者センターでの業務処理が多忙を極めたので、経済産業省が、その苦情の受け皿を毛髪関係会社につくらせたのですが、そのため、以前よりも苦情の実態が表面化しなくなりました。毛髪業界の正常性(清浄化)ができなくなる事態となりました。そうしている間に悪化してしまい、回復の機会が遠のいていきます。

発毛・育毛の毛髪業の法制化が急速に必要だと思います。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / 「超」潜在意識の日本人用完全マニュアル
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング