忍者ブログ

プロペシア通販

メルク社の純正プロペシア錠やプロペシアのジェネリックであるフィンペシアの個人輸入代行



脱毛を防ぎ育毛促進させる食生活の改善

食生活に関するリスクファクターの改善ポイントです。

栄養学的には総エネルギーを糖質55~65%、タンパク質12~15%、脂質20~25%の割合でとるのが理想的といわれています。しかし、近年、脂肪の摂取率が高くなっています。脂質のエネルギーは糖質、タンパク質の倍以上あり、とりすぎると血中の脂質がふえて、いろいろな病気を引き起こす「もと」になります。過剰な脂質によるトラブルは髪のトラブルにもつながるはずです。したがって、脂質、とりわけ動物性脂肪をとりすぎないようにすることが大切です。

厚生省は1日30品目を目安に、いろいろな種類に食品をとることを推奨しています。品数を多くとれば、不足しがちなビタミン、ミネラルもじゅうぶんに補給でき、バランスよく栄養を摂取することができます。しかし、インスタント食品、加工食品、ファーストフードなど、脂肪や塩分が多く、ビタミン、ミネラルの少ない食品で食事をすませる人がふえてきています。髪のためにはビタミン、ミネラルを意識してとる必要があります。

主なビタミン、ミネラルが多く含まれる食品をあげておきましょう。
以下の食品を積極的にとるようにしてください。

◆ビタミンA・・・レバー、ニンジン、濃い緑色野菜、黄色野菜、卵、ミルク、乳製品、黄色い果物など。
◆ビタミンB1・・・玄米、小麦全粒粉、ピーナッツ、豚肉、ほとんどの野菜、ミルクなど。
◆ビタミンB2・・・ミルク、レバー、酵母、チーズ、緑色野菜、魚、卵など。
◆ビタミンB6・・・小麦胚芽、レバー、大豆、キャベツ、卵、ピーナッツ、クルミなど。
◆ビタミンB12・・・レバー、牛肉、豚肉、卵、ミルク、チーズなど。
◆ビオチン・・・牛レバー、卵黄、大豆、ミルク、玄米など。
◆パントテン酸・・・玄米、小麦胚芽、レバー、緑色野菜、ナッツ、鶏肉など。
◆葉酸・・・濃い緑色野菜、ニンジン、卵黄、カボチャ、アボカド、豆類など。
◆イノシトール・・・レバー、グレープフルーツ、小麦胚芽、ピーナッツ、キャベツなど。
◆ニコチン酸・・・レバー、赤身肉、小麦胚芽、魚、卵、アボカド、ナッツ、プルーンなど。
◆ビタミンC・・・所要量は50㎎とされているが、これは壊血病を防ぐ量で、薬理効果を期待するには1mg以上は必要。多くの野菜、果物に含まれているが、食物だけでは必要量をとることがむずかしく、サプリメントを利用したほうがいい。
◆ビタミンE・・・小麦胚芽、大豆、植物油、ナッツ類、葉野菜、卵など。
◆ビタミンF・・・植物油、ピーナッツ、海藻、クルミ、大豆、小豆、緑色野菜など。
◆カルシウム・・・ミルク、乳製品、チーズ、大豆、イワシ、鮭、豆類、緑色野菜など。
◆銅・・・豆類、プルーン、エビ、魚介類など。
◆ヨウ素・・・海藻、魚介類、タマネギなど。
◆鉄・・・豚レバー、牛レバー、ハマグリ、アサリ、赤身肉、卵黄、豆類、ナッツ類など。
◆硫黄・・・牛の赤身肉、豆類、卵など。
◆亜鉛・・・カキ(牡蠣)、肉、レバー、魚介類など。

できるだけ多くの食品を少量ずつ食べるのが理想的です。食事は1日3食、規則的にとることが大切で、朝食を抜いたり、昼食が夕方になったり、遅く帰宅して夜中に夕食をとったりするのは避けるべきです。

PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング