忍者ブログ

プロペシア通販

メルク社の純正プロペシア錠やプロペシアのジェネリックであるフィンペシアの個人輸入代行



洗髪

抜け毛を心配して洗髪の回数をへらす人がいます。しかし、頭皮や髪に汚れが残っていてはマイナスです。汚れの程度は皮脂の分泌量、生活環境などにより、人によって異なりますが、汚れていないように見えて、意外と汚れているものです。

毎日、あるいは2日に1回は洗髪したいものです。10日も洗わないでいると、頭皮や毛根に炎症が起こるなど、脱毛、薄毛につながるトラブルが発生してしまいます。

洗い方にも注意が必要です。男性にはシャンプーを容器から直接頭にふりかけ、適当にゴシゴシと洗う人が多いようです。それではシャンプーの刺激が頭皮にもろに加わったり、爪で頭皮を傷つけたり、洗い残しをしたりします。頭皮を保護しつつ、汚れはしっかり落とす、次のようなシャンプー術を身につけることが大切です。

①まず、40度くらいのお湯で頭皮と髪をよく濡らし、汚れを洗い流します。
②適量のシャンプーを手のひらに取り、お湯で薄めてから、まんべんなく髪に塗り込みます。
③髪そのものは軽く洗うだけで十分です。指の腹で頭皮をもむように、マッサージしながら全体を洗っていきます。
④一度洗い終わったら、ぬるめのお湯で十分にすすぎ、②③の要領で再び髪を洗います。
⑤リンスやトリートメントをする場合は、それらの液をなるべく頭皮に塗り込まないようにします。すすぎはシャンプー以上に丁寧にします。
⑥乾いたタオルを押し当てるようにして水気を取り除きます。あまり強く拭かないようにします。
⑦ドライヤーを使う場合は、低い温度設定にして、80%ぐらいの乾燥を目安にします。高い温度設定にしたり、乾燥させすぎると頭皮や髪を傷めます。
⑧ブラッシングは、先が球状のブラシを用い(先端がとがっていると頭皮を傷つけやすい)、頭皮面から毛先に向けて、やわらかく行います。強くブラッシングしたほうが頭皮を刺激し、血行をよくする効果があると思い込んでいる人もいるようですが、頭皮を傷つける危険が高く、マイナスです。

PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング