忍者ブログ

プロペシア通販

メルク社の純正プロペシア錠やプロペシアのジェネリックであるフィンペシアの個人輸入代行



ヘアケア用品

頭皮、髪の汚れは毛穴をふさいだり、細菌の繁殖を促したりして、頭皮に炎症を引き起こすことがあります。その汚れを落とし、髪の成育環境を整えてやる重要なヘアケアが、洗髪です。

洗髪にはほとんどの人がシャンプーを使用しています。薬局やスーパーには非常に多くの種類のシャンプーが並んでいますが、その中から何を基準にして選び、使用しているのでしょうか。おそらく「髪にやさしい」「汚れを残さない」「フケを抑える」といったキャッチコピーを見て、自分の髪に合いそうだと判断しているものと思われます。

市販のシャンプーのほとんどが界面活性剤を主成分としています。界面活性剤の乳化作用、つまり水と油という本来混ざらないものを混ぜる作用を洗浄、汚れ落としに利用しているのです。これに保存料、防腐剤、防カビ剤などを加えて安定を保ち、殺菌剤、抗フケ剤などを加えて効能を拡大したり、植物成分やビタミン類などを加えて頭皮や髪に潤いや栄養を補ったり・・・というコンセプトでつくられています。

界面活性剤や保存剤、防腐剤の中には皮膚を強く刺激したり、乾燥させたり、アレルギーをもたらしたりする化学物質もあります。そうした化学物質が頭皮、髪に及ぼす影響は人によって違うでしょう。元気で刺激に強い頭皮や毛根ならば、少しくらい刺激が加わってもトラブルは生じないでしょうが、弱々しく、刺激に敏感な頭皮や毛根ならば、ちょっとした刺激でもトラブルが生じるおそれがあります。

髪が多く、頭皮も健康であり、遺伝的にも薄毛の素因がない人は、シャンプーの種類にそれほどこだわらなくてもいいでしょう。しかし、髪が少なく、頭皮に湿疹やかゆみが生じやすく、遺伝的に薄毛の素因をもっている人は、頭皮にしみる成分が含まれていたり、使用後に頭皮のつっぱり感、違和感、乾燥などが生じるシャンプーは避けるべきです。

やはり刺激の少ない、植物系かアミノ酸系で、弱酸性のシャンプーをお勧めします。

こまめに洗髪しているのに、髪がいつも脂っぽいのは皮脂の分泌が盛んなせいで、フケも多いはずです。こうした人にはフケを抑える抗フケシャンプーがいいでしょう。ただし、抗フケシャンプーに配合されている薬剤はいろいろで、頭皮の角質を溶かし、皮脂の分泌を抑制する薬剤、頭皮の炎症を抑える薬剤、頭皮に常在する細菌の活動を抑える薬剤、フケによるかゆみを抑える薬剤などがあります。

また、フケは頭皮が乾燥しすぎるとふえます。この場合には潤いを与える保湿剤入りのシャンプー、またはローションがいいでしょう。

このように頭皮の状態、フケの原因に合わせて、もっとも有効な薬剤が配合されているシャンプーを選択するのがベストです。といっても、頭皮の状態やフケの原因が自分ではわからないでしょうから、一度、専門家にアドバイスを求めたほうがいいと思います。

リンス、コンディショナーなどは髪のみを保護するものですが、もちろん頭皮にも付着します。やはり刺激の少ないものを選びましょう。

PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング