忍者ブログ

プロペシア通販

メルク社の純正プロペシア錠やプロペシアのジェネリックであるフィンペシアの個人輸入代行

 育毛の為の頭皮ケアとヘアケア


紫外線、外傷

紫外線を浴びると、頭皮の生理機能が悪くなります。フリーラジカルが発生し、毛乳頭や毛母細胞がやられてしまうおそれもあります。紫外線の強い季節に外出するときには、帽子(きつくないもの)を着用するといいでしょう。女性の場合でしたら、日傘の使用もお勧めです。

頭皮にかゆみが生じたとき、ついついかいてしまうものですが、爪で頭皮を傷つけないように注意しましょう。アレルギーによるかゆみのケースもありますので、なかなか改善しないときには、一度病院で診てもらうことをお勧めします。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR

ヘアスタイル、ヘアダイ

無理なヘアスタイルは毛根に負担がかかります。たとえば、髪を引っ張って一つに結っていると、毛根に機械的な刺激が加わり、髪の成長を阻害し、脱毛しやすくなります。髪を逆立ててカチカチに固めるようなヘアスタイルも同様です。

毛染め、つまりヘアダイは髪にのみ行なうものですが、染料は頭皮にも付着します。最近は刺激の少ない染料も市販されているようですが、それでも頭皮はダメージを受けます。薄毛を予防するためには避けたほうがいいでしょう。

養毛剤・育毛剤・発毛剤

いろいろな養毛剤、育毛剤のCMがテレビで流され、新聞や雑誌に掲載されています。魅力的なキャッチコピーについ試してみたくなったり、実際に試してみたりした人も多いことでしょう。

養毛剤、育毛剤、発毛促進剤と呼び方は違っても、明確に区別されているわけではありません。フケ、かゆみを抑えたり、水分・油分を補給したり、脱毛を予防したり、発毛を促したりするヘアケア製品のことで、そのほとんどが化粧品か医薬部外品です。

化粧品も医薬部外品も「人体に対する作用が緩和なもの」と定められています。医薬部外品は「厚生大臣の指定するもの」に限られていて、その厚生大臣の指定するものの中に「脱毛の防止、または育毛」という項目が含まれています。

養毛剤、育毛剤、発毛促進剤と呼ばれるヘアケア製品には、次のような薬剤が含まれています。

◆末梢血管拡張剤・・・頭皮、毛根への血流をよくする物質。
◆毛髪代謝活性化剤・・・髪の成長に必要な酵素系を活性化したり、毛母細胞へのエネルギー供給に必要な物質。
◆栄養補給剤・・・ビタミン類、アミノ酸類など。
◆抗フケ剤・・・皮脂の分泌を抑えるための物質。
◆殺菌剤・・・皮脂を栄養として繁殖する常在菌の活動を抑える物質。
◆角質溶解剤・・・角質があまり厚くならないうちに溶かし、フケの発生を防ぐ物質。
◆消炎剤・・・頭皮の炎症を抑える物質。
◆保湿剤・・・頭皮の乾燥を防ぐ物質。

また、5α-リダクターゼを阻害する作用をもつプロペシアがあります。これらの養毛剤、育毛剤、発毛促進剤に含まれる成分はいずれも、いわれているような効果があると思われます。また、ミノキシジルを含む「発毛剤」も人気を呼んでおります。

頭皮マッサージ

頭皮の血行をよくするには頭皮のマッサージが有効です。頭皮の血行がよくなれば、髪をつくる毛乳頭、毛母細胞への栄養補給がスムーズに行なわれます。

額、額から後頭部、側頭部、髪全体と、サイクルを3~5回繰り返して行ないます。頭皮に爪を立てないように、指の腹でもみ込みます。

ただし、頭皮の発赤、湿疹などがあるときに、刺激を加えると悪化する恐れがありますので、治してからにしましょう。

また、温かいタオルを使って血行をよくする方法もあります。タオルを約60度のお湯に浸し、じゅうぶんに温めたあと、強く絞ります。これを後頭部、首から肩に当てて、10~15分温めます。頭皮の血行は下から上へと流れており、肩、首、後頭部を温めることによって、頭頂部への血流をふやすのです。

きつい帽子、鉢巻などは、頭皮の血行を悪くします。帽子は余裕のある大きさのものをかぶりましょう。

【マッサージのやり方】
①額
額の生え際あたりを前後左右にマッサージします(約20回)

②額から後頭部
指先を曲げて頭皮に押し当てたまま、回しながら前から後ろへ移動させていきます(爪は立てない)。

③側頭部
頭頂部へ向かってなで上げるようにマッサージします。

④頭全体
全体をすべての指を使ってトントンとたたきます。

①へ戻り、このサイクルを3~5回繰り返し行ないます。

洗髪

抜け毛を心配して洗髪の回数をへらす人がいます。しかし、頭皮や髪に汚れが残っていてはマイナスです。汚れの程度は皮脂の分泌量、生活環境などにより、人によって異なりますが、汚れていないように見えて、意外と汚れているものです。

毎日、あるいは2日に1回は洗髪したいものです。10日も洗わないでいると、頭皮や毛根に炎症が起こるなど、脱毛、薄毛につながるトラブルが発生してしまいます。

洗い方にも注意が必要です。男性にはシャンプーを容器から直接頭にふりかけ、適当にゴシゴシと洗う人が多いようです。それではシャンプーの刺激が頭皮にもろに加わったり、爪で頭皮を傷つけたり、洗い残しをしたりします。頭皮を保護しつつ、汚れはしっかり落とす、次のようなシャンプー術を身につけることが大切です。

①まず、40度くらいのお湯で頭皮と髪をよく濡らし、汚れを洗い流します。
②適量のシャンプーを手のひらに取り、お湯で薄めてから、まんべんなく髪に塗り込みます。
③髪そのものは軽く洗うだけで十分です。指の腹で頭皮をもむように、マッサージしながら全体を洗っていきます。
④一度洗い終わったら、ぬるめのお湯で十分にすすぎ、②③の要領で再び髪を洗います。
⑤リンスやトリートメントをする場合は、それらの液をなるべく頭皮に塗り込まないようにします。すすぎはシャンプー以上に丁寧にします。
⑥乾いたタオルを押し当てるようにして水気を取り除きます。あまり強く拭かないようにします。
⑦ドライヤーを使う場合は、低い温度設定にして、80%ぐらいの乾燥を目安にします。高い温度設定にしたり、乾燥させすぎると頭皮や髪を傷めます。
⑧ブラッシングは、先が球状のブラシを用い(先端がとがっていると頭皮を傷つけやすい)、頭皮面から毛先に向けて、やわらかく行います。強くブラッシングしたほうが頭皮を刺激し、血行をよくする効果があると思い込んでいる人もいるようですが、頭皮を傷つける危険が高く、マイナスです。

ヘアケア用品

頭皮、髪の汚れは毛穴をふさいだり、細菌の繁殖を促したりして、頭皮に炎症を引き起こすことがあります。その汚れを落とし、髪の成育環境を整えてやる重要なヘアケアが、洗髪です。

洗髪にはほとんどの人がシャンプーを使用しています。薬局やスーパーには非常に多くの種類のシャンプーが並んでいますが、その中から何を基準にして選び、使用しているのでしょうか。おそらく「髪にやさしい」「汚れを残さない」「フケを抑える」といったキャッチコピーを見て、自分の髪に合いそうだと判断しているものと思われます。

市販のシャンプーのほとんどが界面活性剤を主成分としています。界面活性剤の乳化作用、つまり水と油という本来混ざらないものを混ぜる作用を洗浄、汚れ落としに利用しているのです。これに保存料、防腐剤、防カビ剤などを加えて安定を保ち、殺菌剤、抗フケ剤などを加えて効能を拡大したり、植物成分やビタミン類などを加えて頭皮や髪に潤いや栄養を補ったり・・・というコンセプトでつくられています。

界面活性剤や保存剤、防腐剤の中には皮膚を強く刺激したり、乾燥させたり、アレルギーをもたらしたりする化学物質もあります。そうした化学物質が頭皮、髪に及ぼす影響は人によって違うでしょう。元気で刺激に強い頭皮や毛根ならば、少しくらい刺激が加わってもトラブルは生じないでしょうが、弱々しく、刺激に敏感な頭皮や毛根ならば、ちょっとした刺激でもトラブルが生じるおそれがあります。

髪が多く、頭皮も健康であり、遺伝的にも薄毛の素因がない人は、シャンプーの種類にそれほどこだわらなくてもいいでしょう。しかし、髪が少なく、頭皮に湿疹やかゆみが生じやすく、遺伝的に薄毛の素因をもっている人は、頭皮にしみる成分が含まれていたり、使用後に頭皮のつっぱり感、違和感、乾燥などが生じるシャンプーは避けるべきです。

やはり刺激の少ない、植物系かアミノ酸系で、弱酸性のシャンプーをお勧めします。

こまめに洗髪しているのに、髪がいつも脂っぽいのは皮脂の分泌が盛んなせいで、フケも多いはずです。こうした人にはフケを抑える抗フケシャンプーがいいでしょう。ただし、抗フケシャンプーに配合されている薬剤はいろいろで、頭皮の角質を溶かし、皮脂の分泌を抑制する薬剤、頭皮の炎症を抑える薬剤、頭皮に常在する細菌の活動を抑える薬剤、フケによるかゆみを抑える薬剤などがあります。

また、フケは頭皮が乾燥しすぎるとふえます。この場合には潤いを与える保湿剤入りのシャンプー、またはローションがいいでしょう。

このように頭皮の状態、フケの原因に合わせて、もっとも有効な薬剤が配合されているシャンプーを選択するのがベストです。といっても、頭皮の状態やフケの原因が自分ではわからないでしょうから、一度、専門家にアドバイスを求めたほうがいいと思います。

リンス、コンディショナーなどは髪のみを保護するものですが、もちろん頭皮にも付着します。やはり刺激の少ないものを選びましょう。

脱毛を防ぐストレスの解消

ストレスに関するリスクファクターの改善ポイントです。

ストレスのもと、すなわちストレッサーは無数にあります。悲しいこと、つらいこと、苦しいことばかりでなく、うれしいこと、喜ばしいことの中にあります。たとえば、結婚、出産、昇進などはうれしい、喜ばしいことですが、その反面、責任が増大し、環境が変わって、それがストレスとなってしまうこともあります。

ストレスの症状は決まっていませんが、一般的には、気分が晴れない、働くのがおっくう、イライラする、疲れやすい、だるい、よく眠れない、頭がすっきりしない、食欲がない・・・といった状態になったときに、ストレスを自覚することが多いようです。

そのときどきで、「部署が変わり、慣れない仕事で苦労しているからストレスがたまっているのだろう」「引越しをして環境が変わったこと、通勤時間が長くなったことがストレスになっているのだろう」というようにストレッサーの見当がつけば、仕事の手を緩めたり、休息をとったりすることによって、ストレスがかなり軽くなります。

しかし、ストレッサーがわかっても、簡単に解決できないことが多いのです。職場での人間関係、配置転換、仕事内容などがストレッサーになっているからといって、職場を移ったり、仕事を変えたりできないのが現実です。そこでストレスを早めに発散し、ためないようにする努力が必要です。

◆職場における緊張を緩和するには
①仕事に熱中しすぎない
②完全主義にならない
③失敗やミスをおそれない
④不満があれば発言する
⑤時間に追われないようにする
などが重要でしょう。

◆生活における緊張を緩和するには
①置かれた環境をじゅうぶんに認識する
②疲れたら休養する
③家族や友人とよく話すようにする
④一度に二つのことをしない
⑤ときには一人になる
⑥余暇を大切にする
などが重要でしょう。

休養のとりかたについては、厚生省が次のような「健康づくりのための休養指針」を提唱しています。

①生活にリズムを
・自分のストレスに早めに気づこう
・睡眠を十分に。気持ちのよい目覚めがバロメーター
・入浴で、心身のリフレッシュを
・旅に出かけて、気持ちを切り換えよう
・仕事と休養のバランスをとって能率向上と過労防止を

②ゆとりの時間で実りある休養を
・1日30分、自分の時間を見つけよう
・休暇を生かし、真の休養を
・ゆとりの中に楽しみと生きがいを

③生活の中にオアシスを
・身近な中に憩いの場をつくろう
・食事空間にバラエティーをもたせよう
・自然と触れ合おう

④出会いとその絆で豊かな人生を
・楽しく無理のない社会参加を見つけよう
・人と人との絆の中でクォリティ・オブ・ライフを

ただし、こうした休養をとり、趣味や運動によってストレスを発散するのがよいとわかっていても、なかなか実行できず、ストレスをためてしまう人がいます。たとえば

①一つのことが頭から離れない人、考えを切り換えるのが下手な人
②ちょっとしたことでクヨクヨする人、マイナス志向の人
③物事を複雑に考える人、自己犠牲の強い人

こうした人たちは、自分でストレスを発散できないことが多いよいうです。ストレスを自覚したときには専門家(カウンセラーなど)に相談することをお勧めします。

脱毛を防ぐ生活習慣の改善

一人で暮らしていると、どうしても生活リズムが乱れやすくなります。夜遅くまで飲んでいたり、遊んでいたり、テレビやビデオを見て起きていることが多くなります。こうした生活は睡眠不足を招き、ストレスの原因になるだけでなく、身体の生理機能を低下させます。昼に受けた髪や皮膚(頭皮)のダメージは、夜寝ている間に働くホルモンや免疫細胞などによって修復されています。熟睡した朝は肌のツヤも、張りもよくなりますが、夜更かしが続くと肌が荒れ、頭部でもフケがふえたり、かゆみが生じたり、髪のツヤがなくなったりします。生活リズムの乱れが頭皮、髪にダメージを与えるのです。

規則正しい生活を心がけましょう。

生活んい運動を取り入れることも大切です。電化製品、交通手段が発達し、現代人はあまり身体を動かさなくなっています。運動は全身の血液循環をよくし、頭皮、髪への血流もふえます。ウォーキング、ジョギング、水泳など自分に適した運動を1日30分~1時間くらい続けましょう。時間がとれない人は、簡単なストレッチやラジオ体操でもいいですし、一つ手前の駅で降りて歩いたり、寄り道をして歩いたりしてもいいのです。

また、喫煙は血管を収縮させ、全身の血行を悪くし、頭皮の血液循環も悪くします。禁煙がベストですが、無理なら喫煙本数をへらしましょう。

脱毛を防ぎ育毛促進させる食生活の改善

食生活に関するリスクファクターの改善ポイントです。

栄養学的には総エネルギーを糖質55~65%、タンパク質12~15%、脂質20~25%の割合でとるのが理想的といわれています。しかし、近年、脂肪の摂取率が高くなっています。脂質のエネルギーは糖質、タンパク質の倍以上あり、とりすぎると血中の脂質がふえて、いろいろな病気を引き起こす「もと」になります。過剰な脂質によるトラブルは髪のトラブルにもつながるはずです。したがって、脂質、とりわけ動物性脂肪をとりすぎないようにすることが大切です。

厚生省は1日30品目を目安に、いろいろな種類に食品をとることを推奨しています。品数を多くとれば、不足しがちなビタミン、ミネラルもじゅうぶんに補給でき、バランスよく栄養を摂取することができます。しかし、インスタント食品、加工食品、ファーストフードなど、脂肪や塩分が多く、ビタミン、ミネラルの少ない食品で食事をすませる人がふえてきています。髪のためにはビタミン、ミネラルを意識してとる必要があります。

主なビタミン、ミネラルが多く含まれる食品をあげておきましょう。
以下の食品を積極的にとるようにしてください。

◆ビタミンA・・・レバー、ニンジン、濃い緑色野菜、黄色野菜、卵、ミルク、乳製品、黄色い果物など。
◆ビタミンB1・・・玄米、小麦全粒粉、ピーナッツ、豚肉、ほとんどの野菜、ミルクなど。
◆ビタミンB2・・・ミルク、レバー、酵母、チーズ、緑色野菜、魚、卵など。
◆ビタミンB6・・・小麦胚芽、レバー、大豆、キャベツ、卵、ピーナッツ、クルミなど。
◆ビタミンB12・・・レバー、牛肉、豚肉、卵、ミルク、チーズなど。
◆ビオチン・・・牛レバー、卵黄、大豆、ミルク、玄米など。
◆パントテン酸・・・玄米、小麦胚芽、レバー、緑色野菜、ナッツ、鶏肉など。
◆葉酸・・・濃い緑色野菜、ニンジン、卵黄、カボチャ、アボカド、豆類など。
◆イノシトール・・・レバー、グレープフルーツ、小麦胚芽、ピーナッツ、キャベツなど。
◆ニコチン酸・・・レバー、赤身肉、小麦胚芽、魚、卵、アボカド、ナッツ、プルーンなど。
◆ビタミンC・・・所要量は50㎎とされているが、これは壊血病を防ぐ量で、薬理効果を期待するには1mg以上は必要。多くの野菜、果物に含まれているが、食物だけでは必要量をとることがむずかしく、サプリメントを利用したほうがいい。
◆ビタミンE・・・小麦胚芽、大豆、植物油、ナッツ類、葉野菜、卵など。
◆ビタミンF・・・植物油、ピーナッツ、海藻、クルミ、大豆、小豆、緑色野菜など。
◆カルシウム・・・ミルク、乳製品、チーズ、大豆、イワシ、鮭、豆類、緑色野菜など。
◆銅・・・豆類、プルーン、エビ、魚介類など。
◆ヨウ素・・・海藻、魚介類、タマネギなど。
◆鉄・・・豚レバー、牛レバー、ハマグリ、アサリ、赤身肉、卵黄、豆類、ナッツ類など。
◆硫黄・・・牛の赤身肉、豆類、卵など。
◆亜鉛・・・カキ(牡蠣)、肉、レバー、魚介類など。

できるだけ多くの食品を少量ずつ食べるのが理想的です。食事は1日3食、規則的にとることが大切で、朝食を抜いたり、昼食が夕方になったり、遅く帰宅して夜中に夕食をとったりするのは避けるべきです。

薄毛の要因、誘因の再確認

抜け毛が目立つ、髪が薄くなるかもしれない・・・と不安にかられたとき、次ににどんな行動をするでしょうか。たいがいの人は薬局へ行き、「髪にやさしい」「髪を守る」などとラベルに書かれてあるシャンプーを選んだり、養毛剤、育毛剤を買い求めて、それらを使用しています。話題の発毛剤、ロゲインを使い始めた人も多いはずです。

しかし、やみくもにヘアケア用品を使用し、頭皮にダメージを与えてしまう人がふえています。ヘアケア用品が薄毛の誘因になることもあるのです。

まず、自分がどんな薄毛の要因、誘因、つまりリスクファクターをもっているか、きちんとチェックする必要があります。このリスクファクター・チェックは治療をして黒髪を取り戻した人も、ときどきやってほしいのです。治療中は気をつけていても、治療が終了すると気が緩み、リスクファクターをふやすてしまう人が少なくないからです。

◆食生活
・ビタミン、ミネラルをじゅうぶんにとっているか
・肉類が多く、脂肪をとりすぎていないか
・好き嫌いが激しく、栄養が偏っていないか
・食事の時間は一定か、夜遅く食べていないか

◆生活習慣
・一人暮らしで、夜遅くまで起きていたり、不摂生になっていないか
・電化製品に頼って、身体を動かさなくなっていないか
・ドライヤーのあてすぎなどで頭皮にダメージを与えていないか
・ヘアケア用品、ヘアダイなどによって頭皮にダメージを与えていないか

◆仕事
・人間関係に苦労していないか
・OA機器に適応できているか
・情報過多で精神的に疲れていないか
・夜遅くまで働いたり、飲んだりしていないか
・仕事に対応できているか

◆頭皮
・フケが多くないか
・髪が脂ぎっていないか
・発赤、湿疹、かゆみが生じていないか

◆その他
・タバコを吸いすぎていないか
・酒を飲みすぎていないか
・睡眠はじゅうぶんにとっているか
・適度な運動をしているか

こうした点をチェックし、該当するリスクファクターを改善していくことが大切です。






バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア通販 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング